2023.12ベトナムおよびタイの製造業および投資環境のレビュー

大手電機企業が中国依存から脱却し、ベトナムやタイへのシフトを試みています。

クライアント

欧米の大手電機会社

課題

クライアントは、東南アジアへとサプライチェーンを多様化し、中国への依存を減らすことを目指しています。しかし、ベトナムとタイの製造と投資の環境を明確に評価して、これらの国が拠点に適しているかどうかを明確にする必要がありました。 クライアントには、電子機器の製造状況、規制環境、労働者のスキルや確保できる人数、および物流ネットワークについての深い理解が必要でした。

アプローチ

YCP Solidianceのベトナムおよびタイの産業部門における専門知識は、クライアントに明確なインサイトを提供し、拡張計画に関して、エビデンスに基づいた意思決定を可能としました。 クライアントは、最新の市場のデータとインサイト、および業界全体のステークホルダーとの議論の恩恵を受けました。私たちは、ハノイ、ホーチミン、バンコクへのクライアントとの市場訪問を実行し、現地の市場で何が起きているのかを直接確認し、製造、法務、人事、その他の業界の専門家など、業界をリードする様々な企業と会うことができました。 市場訪問に先立ち、準備に必要な市場環境の情報やインサイトをクライアントに提供し、自らの調査の裏付けとなる情報を得るために、クライアントの現地訪問に同行しました。

プロジェクト成果

クライアントは現在は、拡大計画を進めるために必要となる定量的および定性的なインサイトを得ており、地域内でオペレーションを実行するためのプロセスを開始しています。

関連実績