MENU

スリーエスキャピタル株式会社ロゴ

HOME > 柴 洋介

柴 洋介

2021.07.16 事業部長兼迅果商事株式会社代表取締役 柴 洋介

柴さんのキャリアについて教えてください。

大学卒業後、総合商社に入社し化学品の事業部で海外営業や貿易実務に4年程携わっておりました。半導体やディスプレイなどに使われる電子材料を中心に、東アジアや欧米向けの海外営業や貿易実務、輸出入関連の法令対応などの担当をしておりました。2019年にスリーエスキャピタルに入社し、シンガポール向け食品輸出事業の立ち上げに参画し、現在はOEM受託事業や食品流通事業の立ち上げ等を担当しております。

現在スリーエスキャピタルではどのような仕事をされていますか?

普段は大手メーカー様向けのOEM事業の立ち上げやサプライチェーンの管理、化粧品の輸入やブランディングなどを主に担当しております。OEM事業に関しては、大手メーカー様が要望された製品を中国や韓国、東南アジア等で製造・調達しコストを最適化した形でお届けしております。化粧品に関しては、海外の魅力的な商品を輸入し、ブランディングとプロモーションを行い、オンラインを中心に販売をしております。上記の貿易事業以外にも、2020年よりフードロス関連事業を立ち上げ、フードロスに特化した産直サービスを展開しております。

スリーエスキャピタルに入社/転職を決めたきっかけ/理由はありますか?

ゼロイチの事業を自分で立ち上げてみたい、より成長できる環境に身を置きたい、という思いで転職しました。前職の商社時代も環境に恵まれ、グローバルで規模の大きなビジネスに挑戦する機会や、半導体の先端の技術に触れる機会を頂き、大手でしか出来ない貴重な経験をさせて頂きました。一方で、限定的な領域における既存事業を拡大するだけではなく、ゼロから新しい事業を作ってみたい、若いうちにより厳しくチャレンジングな環境に身を置きたい、という想いが日に日に強くなり転職を決めました。スリーエスキャピタルには様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まっており、それぞれの分野のプロと切磋琢磨しながら働く環境が整っております。魅力的なメンバーが揃っていることも入社のきっかけになりました。

実際にスリーエスキャピタルに入っていかがですか?

入社する前に思い描いていた通り新規事業の立ち上げに挑戦することが出来ていますし、商社事業に留まらず様々な領域の事業に携わることができ、毎日充実した時間を過ごせております。事業の立ち上げは予想外の事態が発生することもあり、根気が必要なことも多いですが、形になった時の喜びは他には代えがたいものがあります。一つ一つの案件の進行スピードが非常に速いため、PDCAをいち早く回すことができ日々学びや気付きがあります。金融やコンサル、不動産などバックグラウンドが異なる人たちと一緒に働くことが出来るので、違う視点や切り口に気付かされることも多く、以前より広い視野でビジネスに取り組める出来るようになったと感じております。

今後はどのようなことにチャレンジしていきたいですか?

これまではB to BのOEM事業やその他貿易事業をメインで推進しておりましたが、これからはto Cの事業にも力を入れていきたいと思っております。商品のブランディングやデジタルマーケティング、顧客管理など、これまで経験してきた領域とは大きく異なるため、学ぶことが多いですが、最終的には社会で必要とされる商品を自社で企画・製造し、直接お客様に販売できるようにしたいと考えております。
また、商社事業の枠にとらわれず、他事業部と連携して弊社の強みを活かせるような、新しいサービスを作っていきたいと考えております。

どのような人と一緒に働きたいですか?

成長意欲があり新しい事業に挑戦したい、面白い事業に関わりたい、そんな方と働けたら嬉しいです。ベンチャー企業はどこも同じかもしれませんが、事業のスピードが速く、状況の移り変わりが激しいので、柔軟性と新しい知識や経験を吸収していく姿勢が必要になってくるかと思います。また、どの事業でも立ち上げの際には、地味で地道な作業の割合の方が多いです。そのため根気強さや諦めない気持ちが大切かと思います。


募集要項ページへ戻る
TOP