MENU

スリーエスキャピタル株式会社ロゴ

HOME > 豊田 翔太朗

豊田 翔太朗

2021.07.16 金融サービス部門 豊田 翔太朗

豊田さんのキャリアについて教えてください。

慶應義塾大学総合政策学部卒業。2015年に株式会社横浜銀行に入行、法人融資、富裕層向け資産運用、住宅ローン、債権管理等に従事。退社後、ECサイト上でメゾンブランドの並行輸入品販売に従事。2021年3月よりスリーエスキャピタルに参画。

現在スリーエスキャピタルではどのような仕事をされていますか?

金融コンサルタントの仕事に従事しています。企業が抱える課題解決や市場調査のために、デスクトップリサーチを中心に調査を行って助言します。幅広い業界からリサーチの依頼を頂くので、業界や調査領域によってはデスクトップリサーチに限界が生じます。特にニッチな業界や海外リサーチの案件では情報が限られているので、情報粒度が粗くなる傾向にあります。そのような場合には、当該領域のプロフェッショナルからクライアントの求める情報を仕入れ、デスクトップリサーチの情報を補完します。つまり、デスクトップリサーチに専門家の知見が加わることで、クライアントにお伝えできる情報の質や考察の深さを高めることができます。また、リサーチの過程やプロフェッショナルとの対話を通じて、自分自身の知識や教養を広げることができるのもコンサルタントといいう仕事の魅力だと感じます。

スリーエスキャピタルに入社/転職を決めたきっかけ/理由はありますか?

理由は2点あります。1点目は、アザインして頂いた仕事に川上から川下まで携われることです。前職では、1つ1つの仕事が分業化されていたので部分的に仕事に関わることがしばしばありました。一方で、3Sでは少人数だからこそ1人の役割が大きく、アザインされた仕事は最初から最後まで携わらせて頂けるので遣り甲斐が大きいです。2点目は、オープンな職場環境であることです。大企業のように人間関係に神経質になり過ぎて、建前でしかものを言えないといった雰囲気はないと思います。社内の人間関係は非常に開けており、明るい人柄を持った人が多いと感じます。

実際にスリーエスキャピタルに入っていかがですか?

上述したように、川上から川下まで仕事に携われる一方で、マルチタスクかつスケジュールがタイトなので、毎日緊張感があります。大企業では、マルチタスクであっても分業で仕事を進めていくことがあると思いますが、3Sでは自分1人でも遣り切るという強い責任感と気持ちが求められます。クライアントが求めるクオリティのアウトプットを出すために、時には深夜でもPCに向き合うこともあると思います。ただ、働き方を強要されるような雰囲気はなく、週末はしっかり睡眠をとってリフレッシュしてから、また仕事に臨んでいます。メリハリをつけて働くことのできる職場環境が整っていると思います。

今後はどのようなことにチャレンジしていきたいですか?

当面はコンサルタントとしてのキャリアを積みたいです。コンサルタントとしての経験を積むことで、リサーチスキルや資料作成スキルなど他の仕事にも通じる能力を高めたいと考えております。コンサルタントとしての経験を積んだ後は、事業運営に携わりたいと考えております。3Sでは、多用な事業が展開されており、事業運営に携われる機会に恵まれています。今後、新規事業の立ち上げでチャンスを頂けることがあれば、1つの事業を大きくするために尽力したいと考えております。

どのような人と一緒に働きたいですか?

胆力のある方


募集要項ページへ戻る
TOP